特装版 表紙
特装版 背表紙
特装版 裏表紙
試し読みはこちら

ラブレター

幡野広志

LOVE LETTER

HATANO Hiroshi

  • エッセイ
  • 写真集

エッセイでもない、日記でもない。
それは、妻と子へあてた48通のラブレター。

子育て情報サイト「ninaru ポッケ」での幡野広志連載
『僕は癌になった。妻と子へのラブレター。』を書籍化。



治らないがんを宣告された写真家が、日々の暮らしの中で思い、考え、伝えて続けているのは、自分たち家族のありかたは、他の誰にも振り回されることなく、自分たちで決めようということ。
育児、仕事、お金、遊び、友人、病気、旅行、家族、食事。私たちの毎日は様々な選択の連続です。その選択一つ一つを、自分できちんと考え、自分で決めよう。限られた時間、残された時間の使い方を、習慣や世間体などに惑わされず、自分の意志で選び取ろう。それが自由で豊かな人生につながるのだ。幡野さんはそう繰り返し言います。
一人の夫・父親が妻と子に送る切実な言葉は、子育てから生き方にまで広がり、その個人的な言葉はやがて普遍的なものとして、私たちの胸の深くまで飛び込んできます。



「せっかく僕たちがつくらせてもらえるのなら、これはもうちゃんと幡野さんからの手紙にしたいですね。もちろん奥さんとお子さんへあてた手紙なんですけど、未来のいつか、この本を手に取る人に向けての手紙でもあって欲しいし、きっと、そういう本になると思うんです」
(編集担当:浅生鴨)


通常版

手触りのよい白い紙を使用した仮フランス装表紙に、幡野さんも愛用する万年筆のインクを思わせるブルーブラックの活版印刷をほどこした、手紙のような一冊です。
(通常版の詳細は、本ページ一番下にございます)
こちらの書店ほかでお求めいただけます。

特装版

〝手紙の本〟ならではの特別な装幀を施した「特装版」です。封筒状になった表紙に、幡野広志によるオリジナル・プリント(写真)が封入されています。初回限定、なくなり次第販売終了します。
※オンラインショップでの申込受付は終了しました

  • ISBN:978-4-910710-03-7
  • 価格:6,000円(+税)
  • 版型:A5判変型
  • 仕様:並製・封筒仕様表紙、本文 フルカラー、表紙のみ活版印刷
  • ページ数:240
  • 装幀:𠮷田昌平(白い立体)
  • 印刷:藤原印刷、日光堂(活版印刷)
  • 刊行日:2022年7月15日
  • 特典:オリジナルプリント(写真)


制作の舞台裏をご紹介

note連載浅生鴨の『ラブレター』制作日誌
浅生鴨と幡野広志、ラブレターについて話す@生活のたのしみ展2022

著者プロフィール

幡野広志(はたのひろし)

1983年 東京生まれ。
写真家。元狩猟家、血液がん患者。
2004年日本写真芸術専門学校中退。
2010年広告写真家高崎勉氏に師事。
2011年独立、結婚。
2012年狩猟免許取得。
2016年息子誕生。
2017年多発性骨髄腫を発病。
著書に『ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。』(ポプラ社)、『写真集』(ほぼ日)、『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。』(PHP)、『なんで僕に聞くんだろう。』(幻冬舎文庫)『他人の悩みはひとごと、自分の悩みはおおごと。』(幻冬舎)がある。

Photo©Yukari Hatano

  • ISBN:978-4-910710-04-4
  • 価格:2,200円(+税)
  • 版型:A5判変型
  • 仕様:並製・仮フランス装、本文 フルカラー、表紙のみ活版印刷
  • ページ数:240
  • 装幀:𠮷田昌平(白い立体)
  • 印刷:藤原印刷、日光堂(活版印刷)
  • 刊行日:2022年7月15日

48 “LOVE LETTERS” FROM A PHOTOGRAPHER TO HIS BELOVED WIFE AND THEIR YOUNG SON THAT TELL “THINGS THAT TRULY MATTER”.
The author of the book, HATANO Hiroshi is a renowned photographer and a haematological cancer patient. He received the diagnosis with a limited life expectancy when his son, Yu was 1 year old. A couple of months later, he started a monthly column on the web magazine, where he wrote his thoughts, especially on how the family of the three should navigate the precious everyday life, in the form of open letters to his wife Yukari and Yu. This book contains 48 of them, written between February 2018 and February 2022 (the column is ongoing). The author says “let’s make every decision by ourselves, we use our head and make our choices on how we live, how we work, how we spend, how we raise our child and how we use the limited period of time as a family, without being tied down to conventions or social norms. His messages are extremely personal, and yet universal at the same time, therefore touching our hearts deeply.
The book features photos by Hiroshi and Yukari HATANO. All the 240 pages are printed in full colour.

ABOUT THE AUTHOR 
HATANO Hiroshi is a photographer and a haematological cancer patient. Born in Tokyo, 1983. Following attendance at Nippon Photography Institute and studying under TAKAHASHI Tsutomu, an advertising photographer, he started his career as a professional photographer and married in the same year 2011. His son was born in 2016 and a year later, he was diagnosed with multiple myeloma.  He published several books and many of them were adapted overseas, including “Bokuga kodomonokoro hoshikatta oyani naru” (Becoming a parent who I wanted to have as my own when I was a child) and “Nande bokuni kikundaro”(Why do people ask me for advises?).

  • ISBN:978-4-910710-04-4
  • Price:2200 yen + tax
  • Number of pages:240
  • Book design by YOSHIDA Shohei (Shiroi Rittai)
  • Released on July 15th, 2022

Adaptation & translation rights are available. Please contact us through the form at the bottom of the page.

以下のオンラインショップのほか、各地の書店の通販でもお求めいただけます。

  • ネコノス オンラインショップ
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • Rakutenブックス
  • amazon
  • honyaclub
  • ehon
  • HMV&BOOKS

関連書籍You may also like…