試し読みはこちら

うっかり失敬

浅生鴨

UKKARI SHIKKEI

ASO Kamo

  • エッセイ
  • 小説
  • 文庫

著者自ら編んだ雑文集第二弾

「文学フリマ」用に、これまでに雑誌、ネットメディア、SNSなど各所で書いてきたエッセイ、ダジャレ、インチキ格言、短編小説、回文などに加えて、エッセイ集『どこでもない場所』に収録されなかった掌編も収録した言葉の断片・無選別の雑文集。第一弾の『雑文御免』だけでは全く収まりきらず、しかたなくの第二弾。

「そこで、これまでに書いたものをまとめることにして、今こうやって手元に集めたものをぼんやり眺めながら、何やら不思議な気分になっている。これまでに僕が辿ってきた思考の形跡が明らかにここにはあって、これはもう間違いなく自分の書いたものなのだけれども、ところが今の自分とは感性が微妙に違っているのだ。僅か数年で人はこんなにも変わるのかと驚く。だからこれを紙の形でまとめておくのは、つまり僕自身のためなのだなと、ようやくわかった。」(本文「またしてもお詫びから」より)

著者プロフィール

浅生鴨(あそうかも)

作家、企画者。1971 年、神戸市生まれ。たいていのことは苦手。著書『アグニオン』(新潮社)、『猫たちの色メガネ』(角川書店)、『伴走者』(講談社)、『どこでもない場所』(左右社)他

  • ISBN:978-4-9910614-1-7
  • 価格:900円(+税)
  • 版型:文庫判
  • 仕様:並製
  • ページ数:384
  • ブックデザイン:浅生鴨
  • 刊行日:2019年5月24日

以下のオンラインショップのほか、各地の書店の通販でもお求めいただけます。

  • ネコノス オンラインショップ
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • Rakutenブックス
  • amazon
  • honyaclub
  • ehon
  • HMV&BOOKS

関連書籍You may also like…