試し読みはこちら

雑文御免

浅生鴨

ZATSUBUN GOMEN

ASO Kamo

  • エッセイ
  • 小説

著者自ら編んだ雑文集第一弾

「文学フリマ」用に、これまでに雑誌、ネットメディア、SNSなど各所で書いてきたエッセイ、ダジャレ、インチキ格言、短編小説、回文などに加えて、エッセイ集『どこでもない場所』に収録されなかった掌編や某公式アカウント時代に書かれた「ノート」まで収録した、おそらく最初で最後の無選別雑文集。

「ここには本来ならば到底他人に見せられるようなものではない単なる落書きや駄文や、まったく作品にもなっていない詩や句のまねごとまでが堂々と載っていて、まあ、はっきり言えばかなり恥ずかしい。とはいえ、これはあくまでも僕が自身の記録のために集めたものなので選別するわけにもいかなかった。とにかくクオリティの低さには目を瞑っていただきたい。少なくとも、例の公式アカウントで書いていた文章を、その一部とはいえ、何とか一つにまとめられたので、いくぶんホッとしている。」(本文「はじめにお詫びから」より)

著者プロフィール

浅生鴨(あそうかも)

作家、企画者。1971 年、神戸市生まれ。たいていのことは苦手。著書『アグニオン』(新潮社)、『猫たちの色メガネ』(角川書店)、『伴走者』(講談社)、『どこでもない場所』(左右社)他

  • ISBN:978-4-9910614-0-0
  • 価格:900円(+税)
  • 版型:文庫判
  • 仕様:並製
  • ページ数:384
  • ブックデザイン:浅生鴨
  • 刊行日:2019年5月24日

以下のオンラインショップのほか、各地の書店の通販でもお求めいただけます。

  • ネコノス オンラインショップ
  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • Rakutenブックス
  • amazon
  • honyaclub
  • ehon
  • HMV&BOOKS

関連書籍You may also like…